猫の餌はドライタイプとウェットタイプ、どちらが安全?

猫の餌はドライタイプとウェットタイプ、どちらが安全?

猫の餌のタイプは2種類、どんな違いが?

猫の餌は主に、ドライタイプとウェットタイプに分けられます。どちらがいいか、悩んでしまうことも多いでしょう。猫の好みもありますが、それぞれに特徴があります。まず、ドライタイプは、多くの栄養素がバランスよく含まれています。

安いものから高いものまでいろいろありますが、安いものは穀物や野菜の割合が多く、高いものは肉や魚の割合が高いようです。ウェットタイプは水分が多めで、魚や肉が大きめに切られてい入っている物もあります。また、スープ状のものや、ゼリー状のものなど、様々なタイプがあり、バラエティーに富んでいます。

 

どちらを食べさせるべき?

では、どちらを食べさせるべきかですが、それは飼い主にとって食べさせやすく、便利な物という意味ではなく、猫にとって体に良く安全性が高いのはどちらか、という意味です。それは、両方を上手く組み合わせることです。ドライタイプは栄養バランスが良いですが、水分が少なく固いという点もあります。

そこで、水分も多く、様々な味や香りや食感が存在するウェットタイプを、時々組み合わせて食べさせます。そうすることで、栄養のバランスも整いますし、気分も変わって食欲向上につながります。ただし、子猫やお年寄りの猫は、水分の多い食べやすいものを与えた方がいいです。