キャットフードの総合栄養食、どんな栄養が含まれているの?

キャットフードの総合栄養食、どんな栄養が含まれているの?

キャットフードの種類とは

キャットフードにも、様々な種類のものがあります。ペットフードには大まかに3種類のものがあり、水分量で区別されることが多いようです。水分が最も少ないドライタイプ、水分含有量が75パーセント以上含まれたウェットタイプ、ドライタイプとウェットタイプの中間のセミモイストタイプがあります。

いずれも栄養のバランスを考えられて配合された、猫のための総合栄養食といえるものです。猫にも嗜好性はあるので、猫の好みに合わせたキャットフードを選んでやるとよく食べてくれます。また、ペットフードにも添加材が含まれている場合があります。

 

総合栄養食は一般職のようなもの

キャットフードは栄養バランスがよく調整されたペットフードなのですが、同じものを与え続けると、ある特定の栄養が偏ってしまう場合があります。また、猫がキャットフードに飽きると、食べなくなってしまう、ということもまれにあるようです。総合栄養食であるのは間違いないのですが、あくまで補助的な食品であると位置づけたほうがよいようです。いわゆる一般職のようなもので、猫の体調に合わせて適切に食べさせてやる必要があります。

さらに、キャットフードには缶詰タイプもあります。こちらは保存が効くのが最大の特徴なので、予備として購入するのもよいでしょう。